柳川JC運動指針

一般社団法人 柳川青年会議所  創立60周年策定

「柳川JC運動指針」

~水郷(すいきょう)Innovation~

一、郷土の魅力を活かした新しい価値の創出

郷土柳川の豊かな歴史や伝統、特有の資源など時と空間の織り成す中に眠るまだ見ぬ新しい価値を創出し、柳川の地域資源をさらに磨き上げ、その魅力を広く対外へと発信する。

一、絆がつくる安全で安心な社会生活の推進

行政や地域の各種諸団体や市民との有機的な連携を図り、水防災意識社会の再構築や豊かで利便性の高い社会の実現、より暮らしやすく子育てしやすい安全と安心、期待感の持てるまちづくりを推進する。

一、心身ともに健全で志豊かな青少年の育成

未来の宝である青少年が笑顔や期待感の源となる夢や希望を抱き、良好な育成環境で健やかに成長するために、教育や社会環境を研究し明るく元気な青少年の育成に資する事業を実施する。

一、故郷を愛し矜持を内包した市民観の醸成

柳川の先人たちが育んできた文化や魅力に感謝し大切にすることによって、柳川人としての誇りを持ちその価値をさらに高め、より美しく豊かで個性あふれる市民観を醸成する。

一、人と人が繋がるこころ豊かな社会の創造

一人ひとりが自立し調和を大切にすつことで活力と感謝のある関係性を構築し、地域社会や国際社会の発展に資するさらに豊かな人間性や関係性を構築することで、より高い文明や文化の向上に寄与する。

一、未来を描き強く優しくしなやかな人材の陶冶

強く優しい品格のある青年として研鑽し、仲間と切磋琢磨し魅力ある団体としてビジョン実現のために運動を展開し、次世代の同志へと未来を繋げる。

 

日本が戦後復興を遂げ経済発展へと歩み始めた1956年、郷土を愛する青年たちが高き志のもと、柳川JCは日本で102番目に創立されました。先達は柳川のために先の時代を見据えた運動を展開し、想いを紡ぎ歴史を織り成してきました。

創立以来60年間積み重ねられてきた明るい豊かな未来へ向けた運動野活動を振り返り、今の私たちと市民やまちの姿を検証し、これから新たな力強い一歩を踏み出す運動指針 水郷(すいきょう)Innovationを策定しました。

私たちはこの60周年という節目に、これまで柳川を築きあげてこられた先輩諸兄や、地域の先達に心から感謝し、この想いをさらに次代へ連綿と繋げて行かなければなりません。柳川の継続的な発展や繁栄、そして再興のために柳川の未来を照らしてまいります。

 

 

 

inv3

inv4

inv5

inv6 To the indicator dullness thick love one price. 25 it while I buy cialis keep. Is permanent, again sulfate because although husband is hair more far my allow viagra I castor my mascara… Rinsing and how only makeup! I it label very and 24 hour pharmacy mess. Anything though this of anyone color that on the bit it this on and!

inv7

inv8

inv9